上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

薬膳レシピ7~食事で体質改善!熱体質の人向けの身体を冷やす「緑豆あんの団子入り梨とリンゴのスープ」

チャイニーズ薬膳レシピ

体にやさしいチャイニーズ薬膳レシピ~タン君の簡単薬膳レシピ第7弾
僕の名前はタン。タン君の薬膳レシピ集
你好(ニーハオ)!。

皆さん、甘いものは好きですか?
僕は大好きです。特にお団子には目がないの。
寧波は「湯圓」という白玉のようなお団子が有名。
もち米の粉で作られていて、中のあんはゴマ、ピーナツ、蓮、あずき。モチっとしたお団子が甘くて温かいしょうがスープに入ってくるの。
どのお団子も美味しんだけど、「もっと色々な味があったら面白いな」と思いました。

そこで、僕が最近作った創作薬膳お団子の作り方を伝授します!
お団子といっしょに飲んだら体に良い、手作りのお茶も紹介するよ。



まずは薬膳の基本をしっかり理解しよう

寒暖を基本とした考え方『四気』
なぜ薬膳は健康に良いのか?
薬膳の基本的な考え方には、『五味』だけじゃなくて『四気』もあるんだ。
『四気』とは個々食材の持つ性質【寒暖】を熟知し、身体にもたらす効果を知った上で料理することなんだよ。
つまり、すべての食べ物を寒・熱・温・涼の4つのタイプに分けて、体質に合わせて食べよう、っていう考えなんだ。

…… 身体を冷やす。鎮静、消炎作用がある。
…… 鎮静、消炎作用がある。寒より弱い。
…… 身体を温める。興奮作用がある。
…… 身体を温める。興奮作用がある。温より強い
どうやって食物の効果がわかるの?
薬膳・四気の説明
例えば、身体の内に熱がこもりやすい「熱」体質の人は、熱を冷ます効果のある【寒・涼】の食べ物がいいんだって。
逆に「寒体質」の人は身体が冷えやすいから、あたためる効果のある【熱・温】のものを食べるといいよ。

今回は「熱」体質の人向けの【寒・涼】食材をつかったレシピを紹介するよ!
食事で体質まで改善できるって、薬膳は本当にすごいなー。
具体的に「熱体質」ってどんな人?寒・涼の食べ物ってなに?
熱体質の人は、とっても活動的。体内の火がエンジンになっていつも燃えているからなんだ。

でも燃えすぎると、イライラしたり、疲れやすかったり、夜あまり眠れなくなったりするよ。
だから、熱体質の人は、暑い夏に要注意!
そんな熱体質の人には、身体の中の火を抑えて、熱を冷まして、解毒作用もある【寒や涼】の食べ物が最適だよ。

例えば、緑豆のスープやスイカがいいんだって!
あとはお茶なら菊花茶がおススメだよ。

食事で体質改善!熱体質の人向け身体を冷やす薬膳レシピ
「緑豆あんの団子がはいった梨とリンゴのスープ」

緑豆あんの団子がはいった梨とリンゴのスープ

熱体質の人には、【寒・涼】の食材が最適


薬膳のポイント

果物は糖分が十分含まれているから、砂糖を使わなくても甘くなるんだよ。
ダイエットしているときのおやつにもオススメ!


 必要な食材・調味料
「緑豆あんの団子」の
必要な食材と調味料
緑豆あん
緑豆 米軽量コップ1杯
水 豆をたっぷり覆うくらいに(ひたひた分量よりも多くね)
黒砂糖 大さじ3杯(好みで調整)

団子(白玉)
白玉粉
水 少々
「梨とリンゴのスープ」の
必要な食材と調味料
中国梨 1個
リンゴ 1個
(※果物の甘さが足りないときは、氷砂糖を準備。氷砂糖は入れなくてもオーケー)

「ドライフルーツティー」の
必要な食材
クコの実 大さじ一杯
ドラゴンアイの実 5個
紅棗 3個

 緑豆あんの団子がはいった梨とリンゴのスープの作り方
1.まずはスープの中に入れるお団子から。
最初に緑豆あんを作ります。乾燥している緑豆を鍋に入れて、豆をたっぷり覆うくらい水を入れて、強火にかけます。
2.水を何回か足しながら、豆が割れて十分柔かくなるまで煮込みます。
3.鍋から取り出しすり鉢などで豆を粗めに潰し、砂糖と一摘みの塩を加えます。

4.次に白玉を作ります。水を少しずつ加えて、粉を練ります。耳たぶ位の硬さになったら丸めて団子に!
5.できた餡を白玉の中に入れ、お団子の完成!


4.お団子の次はスープ。
皮を向いたリンゴと皮付きの中国梨を鍋に入れ、水をたっぷり注ぎます。
(甘味をさらに加える場合はここに氷砂糖を加えます)
5.強火で約15分煮込みます。
(水分が蒸発しないように蓋をしてね!)
6.多少煮詰まっているので、水を少し加えて、さら5分煮込みます。
果物が少し煮崩れしたら完成!

7.最後にドライフルーツティー
全て軽く水洗いした材料を耐熱コップに入れて、熱湯を注ぎます。蓋をして10分、中身を蒸して完成。

 <熱体質>の薬膳健康ポイント
薬膳の寒・涼食品キュウリ
暑がりで、冷たいものが大好きな人は火の強い熱体質。

それなのに身体を温める食べ物を食べすぎると、便秘になりやすいよ。

キュウリや白菜、梨やココナッツなど、寒・涼食品をなるべく食べてね!
 タン君の健康アドバイス
薬膳レシピで健康に~医食同源
おやつタイムはとても楽しみだよね。

でも、食べ過ぎると甘いから太っちゃう。

豆や果物の持つ甘さに少し砂糖を加えただけで、十分な甘味に




健康な体は、毎日の食事から。

タン君の簡単お手軽な薬膳レシピを取り入れて、元気な毎日を過ごしてくださいね!