上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

薬膳レシピ4~パパイヤのスープで血液循環を良くしよう!「パパイヤとサーモンの豆乳スープ」

チャイニーズ薬膳レシピ

体にやさしいチャイニーズ薬膳レシピ~タン君の簡単薬膳レシピ第4弾
僕の名前はタン。タン君の薬膳レシピ集
你好(ニーハオ)!

中国の家庭では「お母さん」は家を守る役割。だから、女性はとても強いんだ。
お母さんはお父さんにいつもガミガミ怒っているよ。
だから僕はそういうときはお母さんに「怒ってばかりいたら血圧が上がるから気をつけた方がいいよ!」と言っているんだけど効果はないみたい。

そこで、僕は、高血圧を予防して、さらに食欲も出るスープレシピを考えたよ。
意外な素材の組み合わせなんだけど、一口飲むと美味しいから。

お母さんも美味しくてビックリして、「血圧が高めなのはお父さんだから、もっと飲ませましょう」って言ってくれたよ!


まずは薬膳の基本をしっかり理解しよう

五味では酸っぱいってどういうことなの?
五臓六腑の説明
酸っぱいものと言えばなんといっても酢!

でもね、トマトやサンザシ、今日のテーマのパパイヤも薬膳では「酸」に属するんだ。
特にパパイヤは甘いのに不思議だよね。

五味の酸は心臓の火を収斂して、血液の循環を良くしてくれるんだって。
だから、高血圧や動脈硬化を予防してくれるんだ。それに、お腹に優しく、消化を助け、カルシウムの吸収を高めてくれるんだ。

高血圧っぽいかな、というときは酸っぱいものを食べよう!
どういうときに酸っぱいものを食べるといいの?
酸っぱいものを食べると、口当たりがさわやかで、気分もすっきり!
寝坊しちゃった朝も、眠気が吹き飛ぶよ。

それから、ほどよく酸っぱいものを食べると、脾臓や胃、肝臓を健康に保ってくれるんだ。
肝臓が弱い人は酸っぱいものが合ってるんだね。
だからといって、いっぱい食べすぎると、かえって肝臓に負担をかけてしまうから、ほどほどに!

だけど、風邪で咳が出る時や、熱で汗をかいている時は、酸っぱいものは食べすぎない方がいいんだって。
僕もたまに風邪ひいちゃうから、その時は気をつけよう。

パパイヤとサーモンのスープで血液循環を良くしよう!
薬膳レシピ「パパイヤとサーモンの豆乳スープ」

パパイヤとサーモンの豆乳スープ
薬膳のポイント

パパイヤって匂いが強いから、苦手な人が多いかもしれない。
でも、豆乳で煮込めば甘くなって、サーモンも生臭さがなくなるんだよ。
酸っぱいものは血液をサラサラにする効果があるから家族みんなで飲んで健康になろう!


 必要な食材・調味料
必要な食材 パパイヤ 1/3個
サーモンの頭 1尾分
豆乳1パック 1000ml


必要な調味料 ごま油 少々
塩 1つまみ
しょうが 1かけら厚めにスライス
コリアンダー数本 (飾り用に)
水 180ml

 パパイヤとサーモンの豆乳スープの作り方
1.パパイヤをざっくり切り、サーモンの頭を水洗いして汚れを落とす。
2.深い鍋にごま油を敷きスライスしたしょうがを入れ、サーモンの頭に表面に少し焦げ目をつける。
3.2に およそコップ1杯の水(180ml)と豆乳を注ぎ、中火で沸騰させる。
4.3の水が沸騰したら パパイヤを加え蓋をし、15~20分、弱火で煮込む。
(蓋をしたままに!豆乳は沸騰してしまうと分離するから沸騰しないよう気をつけてね。)

ちなみに、パパイヤは熟れた黄色いものは煮る時間も15分ぐらい、緑のかたいもので25分ぐらい鍋にかけるよ。
かたいものも熟れたものパパイヤも、煮たらとても甘いから、入れすぎに気をつけてね!

6.最後に塩を一つまみ加えて味を調えて完成!飾りにコリアンダーをのせてね

 パパイヤの薬膳ポイント
パパイヤは酸の食材
パパイヤは五味でいうと、酸に属するよ。
酸味の強いものを大量に食べると、肝臓の気が強くなりすぎて、脾臓を痛めつけるんだ。

そうなると、皮膚の角質が分厚くなったり、唇がちょっと突き出したみたいな顔になっちゃうんだって!
僕の横顔大丈夫?酸っぱいもの好きの人は、皮膚や横顔でチェックしよう。
 タン君の健康アドバイス
薬膳レシピで健康に~医食同源
パパイヤは抗がん効果や関節炎を抑える効果もあるって言われているんだ。

食品の味を引き出して、調味料をできるだけ加えないで料理するから、健康的な料理の材料一種なんだよ!




健康な体は、毎日の食事から。

タン君の簡単お手軽な薬膳レシピを取り入れて、元気な毎日を過ごしてくださいね!