上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

寧波・ニース国際フェスティバルの舞台裏 ―― その1

寧波・ニース国際フェスティバルの舞台裏 ―― その1

2018年は「中国・EU観光イヤー」です。そのメインイベントとして9月28日から10月3日まで寧波・ニース国際フェスティバルが開催されます。開催に当たり、まずは本場のカーニバル(謝肉祭)をご紹介しましょう!

寧波・ニース国際フェスティバルの舞台裏

700年以上の歴史を持つニースのカーニバルは、ブラジルのリオ、イタリアのヴェニスと合わせて「世界三大カーニバル」と呼ばれています。

ニースはフランス南部に位置し、気候は温暖で、ヨーロッパの魅力が詰まった地中海に臨んでいます。パリに次ぐフランス第二の観光都市です。

20世紀を代表するフランス人画家アンリ・マティスをもってして「毎朝この日差しを浴びることができると思うと信じがたいほどの幸せを感じる。私はニースを離れないと決め、すでに余生のほとんどをここで過ごしているのだ。」と言わしめたほどです。

寧波・ニース国際フェスティバルの舞台裏

ニースのカーニバルは、13世紀末に宗教的な祭事(復活祭前に食事制限などをする期間を迎えるための祝祭)として行われたのが始まりと言われています。もともと宮廷の貴族のみが参加する祭事であったのが、18世紀以降庶民にも広がり、今ではフランスの重要な祝典となっています。

昼にはフラワー・パレードが行われます。花いっぱいの山車に身に花をまとった女性たちが乗り、観客に花を投げながら街を練り歩きます。毎年10トン以上の生花が使われ、ニース中が花の香りで溢れるそうです!

寧波・ニース国際フェスティバルの舞台裏

夜にはイルミネーション・パレードが行われます。花火、大きなバルーン、ピエロなども現われ、本来は静かな街ニースがエネルギーに満ちた不夜城と化します。近年、参加者数はたびたび記録を更新しており、まさに年に一度の世界的な行事となっています。

寧波・ニース国際フェスティバルの舞台裏

今回の寧波・ニース国際フェスティバルは「宇宙の王」がテーマです。主に開幕式、「中国・EU観光イヤー」公式イベント、計12回のパレードなどが予定されています。