上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

第1回「芸術寧波TOP10」に寧波の観光マスコットキャラクター「寧寧」と「波波」が選出

寧波キャラクター


第1回「芸術寧波TOP10」の授賞式が2017年4月11日(木)午後7時から寧波美術館で行われ、年間の出来事、人物、ニューフェイス、オブジェ、文化的・創造的作品の5つの項目についてTOP10が発表されました。


その中の「文化的・創造的作品」の分野で、寧波の観光マスコットキャラクター「寧寧」と「波波」がランクインしました。

「寧寧」と「波波」は寧波の食べ物「湯圓」(日本の白玉団子のような、もち米の粉で作る団子状の食べ物)をキャラクターにしたマスコットです。
「寧寧」は素敵な男の子、「波波」は活発な女の子をモデルにしています。マスコットは湯圓の家族のキャラクターもデザインされ、最終的に「寧寧」と「波波」の二人のキャラクターが商品化になりました。
「寧寧」と「波波」、二人のキャラクターグッズは、人形、カードケース、傘、化粧鏡、マウスパッド、キーホルダー、マグカップ、ファイルフォルダなど十数種類も開発されました。


湯圓は、中国では旧暦1月15日に家族揃ってを食べる風習があり、「寧寧」と「波波」キャラクターたちはこの風習をもとに制作されました。
元宵節(旧暦1月15日)に食べる湯圓は「家族団らんと幸せの象徴」です。 また、寧波では、親戚や友人が訪ねて来れば、熱々の湯圓を出して遠くからの客をもてなします。

つまり、湯圓は単に食べ物というだけでなく、寧波の飲食文化を代表するものでもあります。

「幸せの湯圓キャラクター」を通して、寧波が幸せに溢れた都市であることを皆さんにお伝えしていきます。