上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

慈渓市匡堰鎮では「スポーツ+レジャー+文化」を柱とするレジャー地区づくりを推進



慈渓市匡堰鎮は、その特徴的な立地、風景、文化を生かして、「スポーツ+レジャー+文化」を柱とし、南部の観光推進計画と合わせて、南部山間部にある崗墩村、乾炳村、倡隆村を「エコロジカルな農村」のモデル地区としました。



キーワードは「山、水、瓷、梅」と「食、遊、養、楽」です。



一、郊外の広い野原の風情をベースとして、村の特徴的な資源を活用し、宿泊産業の発展を強力に推し進めます。新しい村づくりや民家の改装を行い、実績ある観光開発チームを招き入れることで、地の利と自然環境を生かした宿泊プランを充実させます。2016年には、大手旅行予約サイト「遊侠客」と崗墩村とが共同出資して新しい宿泊プランを開発し、寧波遊侠客有限公司プロジェクトが始動しました。

二、青磁文化プロジェクトを立ち上げ、青磁文化ブランドを打ち出します。匡堰鎮は越窯青磁の発祥の地であることから、「海のシルクロードの史跡」を世界遺産に申請する計画です。これを契機として、青磁伝承園、窯跡博物館、遊源文創通りなどを建設し、青磁文化を深く掘り起こしていきます。その他、各種伝統民俗文化の展示やイベントを通して、青磁や民俗文化の体験を文化観光の中核とします。

三、スロースポーツの流行に着目し、レジャースポーツをメインとするファミリー向け観光商品を作ります。崗墩古道、平石ダムなどを活用し、サイクリングコースやレジャー向け農場を利用して、登山、サイクリング、岩登り、魚釣りなどをメインとするスポーツ観光商品を開発します。エコロジカルな農場での農場体験を充実させ、ファミリー旅行、週末レジャー旅行、農業体験旅行を主力とし、また新しいプランも開発して、ファミリー・団体向けのレジャーセンターを作ります。