上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

慈渓市周巷鎮の「クラシカルでアートな町づくり計画」



慈渓市周巷鎮では引き続き「古香芸宝」(クラシカルでアートな)町づくりに力を入れ、「一街両軸四園」を整備する計画を進めます。

「一街両軸四園」とは、1本の大通り、観光体験と家具産業という2つの軸、それぞれにテーマを持たせた4つのエリアを意味し、東は宗漢通り、南は大塘江、西は芦庵通り、北は天潭通りに至る、面積2.8平方キロメートル(うち、中心エリアの面積1.36平方キロメートル)を対象とした町づくりです。



「一街」とは、天潭通りを作り変えてメイン通りとすることを指し、ここに小さな市場、美術品店、喫茶店などを集めて、レジャー、旅行、ショッピング、文化交流が一体となった、周巷鎮の「顔」となる骨董通りにする計画です。

「両軸」とは、天潭通りの文化観光体験と天元通りの家具産業振興、この2つの軸を意味します。十字型に交わる天潭通りと天元通りを特色ある大通りにして、天潭通りに沿っては博物館、永淦骨董品モール、明清古建築村、点在する古家具店や美術品店を通して観光体験ができるように、また、天元通りに沿っては家具工場で設計・生産・展示・販売することで家具産業の振興を図ります。

「四園」とは、古香芸宝博覧エリア、古典婚慶エリア、古典木芸産業エリア、文化芸術創意エリアを指します。古香芸宝博覧エリアでは、博物館で貴重な骨董品を展示するほか、鑑宝大楼と蚤の市では観光客向けに専門的な鑑定サービスを提供します。

古典婚慶エリアでは、結婚記念写真の撮影にふさわしい、婚礼をテーマにした古典的な趣きの公園を作る計画です。

また、このエリアには、古建築、婚礼をテーマにした明や清の時代風のホテル、婚礼サロンが並ぶ予定です。古典木芸産業エリアでは、現在ある家具工場を活用し、ブランド力を強化して製品の付加価値を高めていきます。文化芸術創意エリアでは、創業支援施設、文化的な展示、撮影、カフェやティーサロン、民宿、工房などを集めて、創造をテーマとした芸術エリアにする計画です。

古典木芸産業エリアに接する2つの南部の村を美しい田園風景エリアに整備します。