上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

奉化区渓口鎮の花尖山に「スカイホール」を発見

寧波にスカイホール出現

寧波の植物学者が先日、奉化区渓口鎮で直径100メートルの「スカイホール」を発見しました。

寧波市の丹霞地形においては初めての発見です。

「スカイホール」は岩石が崩落してできた跡で、渓口鎮大嶴村武嶺ダムの上流に位置する花尖山にあります。穴の下の方に巨大な空洞があることから、上部の岩塊が荷重に耐えきれず崩壊し、崩壊したところが大きな割れ目となり、その割れ目がまさに「スカイホール」なのではないかと考えられています。丹霞地形の地質条件は不安定なので、上部の山塊が崩落するようなことがあれば「スカイホール」は消失します。



山頂付近の「スカイホール」は東西方向に伸び、長さ約100メートル、幅5メートル、深さ6~7メートルの短冊形をしています。

穴の内側の斧で削ったような険しい岩壁の中には、根が板根状になっている珍しいエノキ、根が網状になっているカシワ、各種のシダ植物が密集しています。

また、穴の中は閉ざされた空間になっているため、至るところに倒木や枯木があり、マンネンタケやイボタケが好き放題に生息しているほか、地表や岩壁にはオリヅルシダやマメヅタなどのシダ植物も見られます。

穴の内壁はフウトウカズラがびっしりと覆い、キミズが群生し、紫クスノキも生息しています。穴の外縁に沿っては三本のカシワが生えており、それらの根は傾斜しながら網状に絡まり合って一緒になっています。

互いに絡まり合った部分は岩石の上にむき出しになって「根っこの滝」を形成しており、根はそれから岩下の土の中へ真っ直ぐに伸びています。