上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)





お探しの情報は何ですか?

上海から2時間、おすすめの観光地~寧波(Ningbo)

寧波の春節休みは、近場のおでかけが主流

寧波の観光    

ここ数日、寧波各地は好天に恵まれ、交通も滞りなく、近郊の観光地では連日観光客数が増加しています。

温泉、スキー、フルーツ狩り、文化イベント、スポーツなどを目的とした小旅行が人気です。   今年の春節休みは多くの人が家族旅行で新年を迎え、家族団らんで美景美食を味わいました。長期休暇の終盤には、東銭湖二霊山温泉寧海森林温泉、余姚陽明温泉などが観光客で賑わいましたが、なかでも東銭湖恒元ホテルは春節期間中の予約率が100%に達しました。

また、多くの人が車で近郊へ出向き、今年最初のイチゴ狩りを楽しみました。奉化区尚田や天宮庄園のイチゴ園はイチゴ狩りのピークを迎え、また、北侖九峰山や中山公園では梅が満開を迎えました。 梅の花は寧波の冬に美しい彩りを添え、多くの花見客で賑わいました。

その他、今年の春節休みは文化観光も非常に人気がありました。奉化渓口寧波博物館天一閣南塘老街、鼓楼沿、慶安会館梁祝公園などでは、中華民国ショー、人形劇、年画展、越劇(地方演劇の一つ)が上演されるなど各種の文化イベントが揃い、新しい人気スポットとなっています。

中国では、人々の生活水準の上昇にともなって、旅行のニーズ、マーケットメカニズム、産業形態に大きな変化が生じています。 誰もが旅行する時代が近づいてきており、観光業には新しい特徴が現れてきています。

産業は「観光地型」から「全域型」へと発展し、旅行スタイルは「観光型」から「レクリエーション型」へと変化しているようです。

休日には、家族と出掛ける、リラックスして過ごす、大自然に帰る、普段とは違う文化や自然環境の中で家族や友人と気楽に自然体で楽しい時間を過ごすなど、寧波の人々にとっては、旅行や観光のスタイルが、すでにライフスタイルそのものとなっています。


ぜひ寧波で、あなたらしい旅を体験してみてくださいね。